仏陀の遺産③ワット・プーノイ(タイ)
2月7日

亜州寺紀行 仏陀の遺産 其の参 ワット・プノーイ

場所:ロッブリー県 タイ

800万バーツの宝くじが当たった!そう、あるものが部屋に来てからずっと幸運続きなんだ。

 うちのタイ人スタッフが住んでるアパートの住人に屋台でソムタム売って生計を立てている女性がいる。その女性がなんと宝くじで800万バーツを当てたというじゃないか!

 その女性はロッブリー県にあるプーノイ寺の噂を聞きつけお参りをしたそうなのだが、そこで木の船を持ち帰り部屋の天井に吊るしておいたところ、毎晩良い夢を見るようになり、宝くじの番号のお告げなどがあり、実際に宝くじを買ってみると本当に一等を引き当てたのだと言う。

 スタッフの女性は宝くじが当たったということでご祝儀としてリオビールを一本奢ってもらったそうだ。よっぽどケチなのだろうか?俺はどうも疑わしいので「本当に当たったのか?」とスタッフに尋ねたところ、帯び付きの10万バーツの大金を何束か持っているのを何度か見せてもらったと言うので確かなのであろう。本当にケチなだけのようだ。まあ今まで苦労してきた分、堅実なのかもしれない。

 そんな話に目が無い俺はその週末すぐさまロッブリー県へと飛んだ。そのお寺に午後過ぎに着いたのだが既にすごい数の参拝者が来ていた。船を持ち上げる儀式は日に何度か行われるようだが、一回に行われる人数制限があり順番待ちとなる。俺はその日の儀式には入れず次の日の一番の儀式となった。その日に儀式を受けられない人たちのためにお寺の境内には雑魚寝だが泊まることができる場所が用意してある。そして夜9時までだがお寺の境内にはマッサージ屋もあった。俺は夕方適当に飯を食って時間つぶしにマッサージを受けてみることにした。

  

 

 

 マッサージ屋では最初はおばさんがマッサージをしてくれてたのだが、店主が戻ってきて俺が日本人だということを聞いて興味を示したのか?マッサージを店主がやってくれることになった。一瞬このおっさんはゲイなのかな?と思いながら下手だったら嫌だなと思ったが、ところがどっこいツボにガツガツはまり、気持ちよすぎて放心状態にされた。マッサージの腕は一級品である。このまま乱暴されても身を彼に預けてしまうかもしれにほど気持ちよかった。さらにマッサージが終わると特別に一人用ハーブサウナまで用意してくれ、至れり尽くせりのサービスを持成してくれる。そんなに日本人が珍しいのか?それとも俺に興味があるのだろうか(笑 そして大部屋でみんなと雑魚寝だと辛いだろうから、マッサージ屋で寝てもいいとまで言ってくれる。一緒に寝ましょうと誘っているのだろうか(笑 それはさすがに遠慮して、チップを多めに弾んで渡そうとしたが受けとろうとしない。微妙な空気感が流れるものの、今回は彼の行為に甘えさせてもらい、大部屋に戻って就寝。

 次の日の朝、マッサージやハーブサウナの効果もあり最高な目覚めで朝を迎えた!儀式は昼からなのでそれまでお寺内を散策して時間をつぶす。だらだらしてたら館内放送が流れてきた。いよいよ儀式が始まるようだ。俺は集合場所に急いだ。

 

 

 一回の儀式で受けれる人数は25人。それが一日4回くらいあったので約100人がその儀式に参加できる。朝早く受付すれば何とかその日のうちに儀式が受けれるので早めに行くことをオススメする。集合場所には既に25人全員が勢ぞろいしていた。お寺の住職がまずタキアンの船の説明をしだす。船には1000バーツ5000バーツ10000バーツ20000バーツのサイズの船があり、まずその船の金額+200バーツを船の中にお供えするようだ。そして儀式中に仏がその船に降りて来てその霊力で船を持ち上げることが出来ればその船を持ち帰ることが出来ると言う。その際200バーツ以外はその船をお借りするということでお寺に寄付するという仕組みなのだと説明される。もし持ち上がらなければ船を持って帰ることは出来ないが、お金を寄付しなくても良いらしい。そしてまたチャレンジすることが出来るのだそうだ。ほとんどの人が1000バーツの船をお願いしてたが、俺はもちろん金欠だったが、この日のためにお金をかき集めてきていた。俺はそれらを全て奮発して5000バーツの船をお願いした。そのほうが当たる時もでかいんじゃないかと欲に目が眩んだのだ(苦笑 当分はカップ麺の生活を強いられるが、近い将来の美女との札束風呂でドン・ペリニヨンを夢見ることにしよう。俺は武者震いしながらお金を船の中に入れしばし心を落ち着けた。

 

 数分が流れたであろうか、準備が整ったようだ。全員立ち上がり室内に入っていく。まずは住職の説法が永遠と続く。そして一人ひとりどこから来て職業が何かを順番に言っていく。それが終わったら両手で船を額の高さのところまで持ち上げるように言われる。後は目をつぶって仏様が君臨してその霊力で船が頭の上に持ち上がればあなた方の徳が伝わったと言うことで、その船はこれからの人生の助け舟になるというのだ。そして突然お経が唱えられ儀式が始まった。俺も目をつぶり無心になる。船の重さもあるがだんだん手の感覚が無くなっていく。感覚が麻痺して船が持ち上がってるのかどうかも分からない。しばらくするとお寺の住職に船を取り上げられたので、俺はこっそりと目を開けて様子を伺った。何人かの女性がラムを踊っていたり、泣き叫んでいる女性が目に入り、見ちゃあいけないものを見た気がして俺はとっさに目を閉じた。そして儀式が終了した。俺の船は仏様によりちゃんと持ち上がげられていたようだったので安心した。もちろん中には持ちあげれなかった人は何人かいた。

 タキアンの船は天井から吊るし、くるくると回る状態にしておくのが良いらしい。そして願い事をするときは約束事もしないといけない。例えば100万バーツの利益が上がれば10万バーツをワットプーノイに寄付しますというように。本当に叶えばそれを寄付しにお寺にお礼参りをするというきまりだ。俺が行ったときも船と一緒にお礼参りしに来てる人がかなりいた。それを見てるだけでもやはりなんらかしらの力が働いてるのだろうか?と思わされた。実は俺はまだこれと言ったお願い事をしていない。船が持ち帰れただけで満足している。そろそろお願いしてみようかと思っている。マッサージ屋の店主へのお礼もしたいので。もし俺が少年アジアで記事を書かなくなったときは宝くじが当たったと思ってくれ(笑

 最後に記憶が正しければタキアンの木で作った船には数の制限があったと思う。この取材は今からちょうど一年前なのでまだあるかどうかは定かではない。行くときは事前に調べていくことをオススメする。

 

___________________________________

【プノーイ寺の儀式の解説】

 プノーイ寺は、ロッブリー県バーンミー群チュアンムアンに建てられている。

 プノーイとは水が突然噴水のように噴き出し、それが年中乾く事がなかったことから、この地域はプノーイという名前が付けられた。

 1972年に4月にプノーイ寺を作るために土地が寄付され、その4年後に寺が完成した。1976年にベン老師が寺入りし、プノーイの住民と協力して、全く無名の寺から短い期間で多くの住民の信頼を得られるまでに寺を発展させた。今では全国的に有名な寺とり、多くの参拝客が寺を訪れるようになった。

 現在の老師もベン老師からいろいろな術を引き継いでおり、特に商売繁盛のために作られたタキアンの船については、手に入れて家に祀った人は誰であっても商売が成功すると言われている。その為毎日多くの信仰者がこの寺にやってきているが、この船を手に入れるには本人が儀式に参加し、船を持ち上げなければならない。それに成功した人は、積んできた徳が神に通じたとして、初めて船を家に祀る事が出来るという。

 この商売繁盛の船の他にも、黄金のタキアンの木と言われている木が、宝くじなどギャンブル好きな人のために寺に祀られている。

 この寺に来てタキアンの木を拝み、願をかけた参拝客の多くの人は宝くじに当選しているという。当選した人はその一部を寺に寄付したり、タイの衣装をお供えしたりして、タキアンの木の神様に必ずお礼をしている。

 現在では倉庫を作らなければならない程、プノーイ寺には多くのタイの衣装が備えられており、その数は何万枚にも及ぶという。その衣装はただ置いているわけではなく、イベントなどで衣装が必要な人には無料で貸し出しているという。

【タキアンの船を持ち上げる儀式】

 タキアンの木で作られた船を家に祀るという事は、一般的な仏像のように誰もが祀れるものではない。

 このプノーイ寺のタキアンの船を手に入れるには、自分自身が儀式に参加し船を持ちあげなければならない。

 このタキアンの船を持ち上げられるという事は、その人の徳が神に通じたという証しであり、船を家に持ち帰ることができるが、持ち上がらなかった場合はその人の徳がまだ足らないので、持ち帰って祀る事はできない。

 持ち上がらなかった人は、その人の徳が神に通じなかったか、儀式を真剣に行わなかったとされているが、また次の機会に参加して再度挑戦することができる。

http://www.watpunoi.com/about.html

ライター:ヨッシー隊長

ヨッシー隊長ちゃんの記事一覧
  • 人生の岐路なので占ってきた!
  • 国際的出会い系詐欺の手口(後編)
  • 国際的出会い系詐欺の手口(前編)
  • カンボジアの果てのSEX島に上陸してきた!
  • バレンタインデーに本気で愛を贈ってみた!
  • ヤンゴンはアジア最後の性地なのか!?
  • 北朝鮮直営レストランに潜入してみた!
  • ネパール人は正しい日本食を理解してるか?
  • カトマンズのダンスバーに潜入してみた!
  • ネパールで世界一うまいプリンが食べれるのか?
  • ネパール人はオマ●コマークを知っているか!?
  • 拝啓 ジョン・レノン様
  • コラッ、クソガキ!やめなさいって画像
  • あこがれの北朝鮮の病院事情
  • 食う気が失せる愛妻弁当画像
  • 中華男に爆発的人気の韓国モデルが激カワ
  • 英国の下着のCMがエロ過ぎると苦情殺到
  • 中国女子大生による下着ファッションショー
  • お持ち帰りあり?中華のセクシーな夜の女達
  • 地下鉄の中のマナーのない馬鹿
  • チンコのような下品な農作物たち(画像)
  • 光市母子殺人事件の判決に思う
  • 堪らねえぜ!韓国の女教師が可愛すぎる!
  • 世界遺産ルアンパバーンにも置屋は存在した。
  • 荒れる少女達。バリ島16歳少女リンチ動画
  • ウクライナミスおっぱいコンテスト2012!
  • 東南アジアのデカ過ぎるおっぱいの娘たち
  • 遊郭の歴史について勉強してみる!
  • 勃起して女子高生の写真を撮る変態男を追え!
  • グーグルから警告文が!密告者は誰だ?
  • «    »

    関連記事はこちらから

    Comments are closed.